米倉12

篠原9ライバルをもつと人は成長すると言われる。
では、女優の間でもその法則は成り立つのか?
たとえば米倉涼子(39)と篠原涼子(41)の関係はどうか?
「視聴率女王」の双璧と呼ばれる2人ではあるが
過去に「W涼子対決」を繰り広げてきた
ライバル関係と目される女優同士の戦いは熾烈だ。
今回は、その噂の二人を探ってみた。

sponsored link


ドクターXで高視聴率を連発する米倉?

 

米倉5

ドクターXで高視聴率を連発する米倉涼子。
秋のドラマでシリーズ3作目になる。


篠原2一方、篠原涼子はドラマではなく、下着メーカーのCMで米倉を上回るセクシー路線で話題を集めている。
まだW涼子対決は決着していないのも事実だ。


ガチンコ対決の行方は?

米倉6その戦いは、2006年のガチンコ対決から始まった。
木曜夜10時の時間帯で米倉は『不信のとき』
一方の篠原は『花嫁は厄年ッ!』
に主演しガチンコ対決となった。あの時は完全に“共倒れになってしまった。
悪女イメージのある米倉が
一途な妻を演じたり、

篠原3負け犬OLキャラで人気だった篠原が
嫁姑バトルを繰り広げたりという
ミスキャストもあり、
結局お互いの視聴率を食い合う形になってしまった。

そこで今度こそ決着つけてやるという
気持ちになるのも無理はないが・・・

2010年には米倉が
『ナサケの女 国税局査察官』
そして、篠原が
『黄金の豚 会計検査庁特別調査課』
で同クール対決した。

話題を狙いたいのはわかるが

米倉7

ぶつける局もどうかと思うほど過酷だ。
しかもこの時は、
内容がモロかぶり。
米倉は国税局査察官、
一方の篠原は会計検査庁の調査員と
いう役柄でどちらも税金がらみときた。

篠原4

実力を見こまれて重要部署に
ヘッドハンティングされるところまで
ソックリというのもやりすぎのようだが・・・

さらに米倉主演の『ナサケの女』の脚本は、
篠原をスターダムに押し上げた『ハケンの品格』
と同じ中園ミホ氏の作品。
ここまでやる~と
見ていてハラハラしてしまう。

米倉8

2013年には米倉の『35歳の高校生』と
篠原の『ラスト・シンデレラ』が
同クール放送で、これまた火花を散らした。
視聴率はどちらも譲らず、一進一退の攻防を続けた。
2人ともライバル視していることを隠さない。

相乗効果もありだが、本人たちにはたまったものじゃない。
だから、こんなやりとりまでも
噂になってします。

 

篠原5

米倉が放送前から向こうはどんな内容?と
スタッフに聞き回っていたと報じられれば、

一方の篠原サイドは、制作発表で
(米倉のドラマを)知らなかった。
と挑発めいた発言をして毒舌もエスカレート。

sponsored link


篠原涼子対米倉涼子のギャラ格差?直接対決で異変発生?

松嶋菜々子、鈴木京香、宮崎あおい、仲間由紀恵などとならび、
1話300万円前後という最高レベルの
ギャラと予想される篠原涼子。
タレントが出演した際に獲得できると推測される
潜在視聴率も最高レベルの約14%と
いわれていたが、評価が微妙になってきた。

これまで業界では、篠原のほうが数字を持っている
とされ、ギャラも米倉よりも上だったようだが、
ドクターX~外科医・大門未知子が
驚異の視聴率を記録して
すでに彼女のほうが最高レベルに
なっているような展開だ。

1米倉

それは、テレ朝の開局55周年記念ドラマ『家政婦は見た!』で
17.4%という視聴率を挙げたことだ。

『家政婦は見た』といえば
ベテラン演技派女優の市原悦子が
平均視聴率20%前後を獲得して
当たり役といわれていたのを
市原を越えるほどの演技力とうならせた。

今や最も安定して視聴率が取れる女優
という評価を固めたのも事実だ。


米倉のスゴさはどこにある?

かつて、『家政婦のミタ』など                                           高視聴率ラッシュのドラマの中で
下馬評を裏切って                                                     初回9.8%と出遅れてしまったのが
米倉涼子主演の『HUNTER~その女たち、賞金稼ぎ』
の時だ。
初回の放送直後は米倉もさすがに
ショックを受けていたという。

米倉11しかし、米倉は、
それでもすぐに気持ちを切り替え、
演出やセリフ回しなどについて、
監督や共演者とミーティングに臨んでいたのだ。
彼女は自分が出演する
ドラマ以外も必ずチェックするほどプロ意識が高いらしい。
高視聴率の『家政婦のミタ』をチェックしながら
やっぱりヒット作には理由がある
と分析していたというからさすがである。
研究の甲斐あってか、2話目以降は視聴率も2ケタに
持ち直したという。

ドクターX~外科医・大門未知子の
シーズン1は、民放ドラマでナンバーワンとなる
平均視聴率19.1%を記録した。
シーズン2では、あの40%超えの『半沢直樹』
と同時期であったが、米倉は
毎回チェックして研究に余念が
なかったというほどだ。


絶好調のテレビ朝日において、その存在感は絶大?

X2

冗談みたいな話だが、テレ朝では
神様、仏様、米倉涼子様といわれているという。
相棒の水谷豊と並んで視聴率ツートップ。
米倉人気に陰りが見えたといわれていた
2~3年前とはうって変わって、
視聴率女王に君臨している。
バリバリ仕事をこなす
絶好調の米倉に死角はないようだ。


篠原のプロ意識?アラフォー女性の希望の星?

篠原は、夫の市村正親が胃がんの腹腔鏡手術を
受けて無事退院し、
11月の舞台復帰に向けて自宅療養中だが、
この胃がんの早期発見には
篠原の内助があったというのだ。

篠原6

篠原は結婚後、20歳以上も年上の市村の体調を気遣い、
栄養を考えた献立を食卓に並べている。
『レシピノート』を
マメにつけていて、そこには、献立の内容のみならず、市村がどのぐらい食べたかや、残したものなどの反省点もつづられている。
市村の食べる量が
減っていたため心配した篠原が
『病院に行ってみれば』とすすめたが
市村には自覚症状はない。
もしも、病院に検査に行っていなければ
がんが進行していたに違いない。

篠原の魅力は、
力の抜けた演技が自然でリアルで、
嫌みがない。
それでいて普段の受け答えも
サバサバしているし爽快だ。
化粧もナチュラルメークで
同性からも受け入れられやすいにも人気の秘密だ。

篠原7

ラストシンデレラでエッチなシーンを
エロ過ぎないように演じたことで、
さらに幅が広がった。
映画だったら、必然性があれば、
脱いでもいいという
女優もたくさんいるが

ドラマでも大胆に演じる姿が
潔くて小気味いいのも篠原の魅力だ。
イメージがいい。

2児の母として育児もバリバリこなし、
市村も支えつつ、
アラフォー女性の希望の星、
篠原に時代の風が吹いているようだ。

米倉10

両極の二人だが、ライバルの対決は
これからも続くであろう。
大いにドラマ界を盛り上げていって欲しい。