アロンソ1

前回、予想してように
来季からホンダのパワーユニット(ハイブリッドエンジン)を
使用するマクラーレンF1チームは
フェラーリを退団した
フェルナンド・アロンソ(33)と
10年からマクラーレンに
在籍してきたジェンソン・バトン(34)とのコンビを起用すると発表した。

sponsored link


年棒は、年俸は4000万ドルで現役最高額?

アロンソは07年以来の
マクラーレン復帰。

現時点で契約の詳細は
発表されていないが、

英メディアによると
2年間プラス1年のオプション契約で、

年俸は4000万ドル
(約47億6000万円)の

現役最高額という。

アロンソ4

ルノー所属時に
ドライバーズ部門王座を獲得した05、06年以来、

アロンソは年間優勝から遠ざかっているが、

“現役ナンバーワン”といわれるテクニックは健在だ。

マクラーレンは今季、
コンストラクターズ部門5位に低迷したが、

せな2

マクラーレンとホンダは
1988年に

16戦15勝の結果を残し、
史上最強の名を

ほしいままにした名コンビ。

そのコンビ復活に、
現役ナンバーワンの実力者が
加わることになる。


アイルトン・セナに憧れて?

セナ

 

<プロフィール>

アイルトン・セナ・ダ・シルバ
1960年3月21日 – 1994年5月1日)
ブラジル人のレーシング・ドライバー。

F1世界選手権において、
1988年・1990年・1991年と
計3度ワールドチャンピオンを獲得した。

1994年にレース中の事故にて、
34歳の若さでこの世を去った。

史上最速・最高のF1ドライバーと
して呼び声が高い。

セナ2

特に計65度のPP獲得数は、
2006年にミハエル・シューマッハに
更新されるまで歴代1位だった。

しかし、最強と呼ばれた男の横顔は

なぜか、寂しそうだった。


子どものころからの憧れであったマクラーレン・ホンダ?

大好きなドライバーは
アイルトン・セナ。

アイドルで指標となる存在だ。
と話すように深い称賛の気持ちを
もっているようだ。

sponsored link

マクラーレン

ましてセナも所属していた
「マクラーレン・ホンダ」は
子どものころからの憧れであった。

棚にポスターを貼って
おもちゃのクルマも持っていた。

いつかアイルトンに追いつきたいと
夢見ていた。

そして僕は父が姉のために
作ったカートに夢中になった。

そのカートにはマクラーレン・ホンダの
カラーリングが施されていた。

セナ3

F1史上最も伝説的な
パートナーシップのひとつであり、
アイルトンが乗ったマシンだ。

同じパートナーシップに自分が加わり、
来年のF1世界選手権に出場することを
誇りに思うと素直に喜んだ。

また、マクラーレン・ホンダからの
粘り強い誘いに心を動かされたとも
語っている。


100パーセントの力を注いでいくつもりだ?

F1マクラーレンとホンダの上層部と
徹底的な議論を行い、

英国と日本の素晴らしい
施設も見せてもらった。

その結果、
マクラーレンとホンダは長く実りあるパートナーシップの確立に

向けて踏み出しつつあるという確信を持った。

僕はそれを実現するために
100パーセントの力を注いでいくつもりだ。
と決意を表明した

アロンソ

「僕らには時間があり、希望があり、
必要なリソースがある。

伝説を蘇らせようではないか。
そのために僕らは戦っていくのだ。

ホンダ復活に向けて
頼もしい助っ人が加わった。

F1は来年2月に

来季合同テストがスタート。

3月13から15日にシーズン開幕戦として豪州GPが開催される。

F1ホンダサウンドがF1会場に
響き渡る日が待ち遠しい。

マクラーレンとホンダは

新時代のハイブリッドエンジンで
再び、史上最強になりえるか?

セナ4

アイルトン・セナに憧れた

アロンソがその黄金時代を

築いてくれることを

期待したい。