長野巨人の長野久義外野手(30)が、
テレビ朝日アナウンサーの下平さやか(42)と
結婚したようだ。
年上すぎないかとか、
男、長野、やったね。
と野次馬はぎやかだ。
下平と云えば内村光良との痴態ぶりを
掲載されたフライデーを思い出すが
そんなことはさて置いて結婚おめでとう。
そんな二人の足跡を探ってみた。

sponsored link


プロフィール

長野久義

2009年にドラフト1位でプロ入り。
WBCの日本代表にも選ばれ
現在の年俸は2億円。

出身地:佐賀県三養基郡基山町
生年月日:1984年12月6日
年齢:30歳

下平さやか

下1

1996年から2000年まで
「ミュージックステーション」担当して人気を博し
看板アナとして活躍していた。
私生活では、人気アイドル、人気お笑いタレント、
人気ミュージシャンとの交際が報じられるなど、
魔性の女子アナとして週間誌の標的になっていた。

中でも話題になったのは、
SMAP中居正広。

utimura

そして、内村光良との交際が発覚。
スーパーモーニングの番組で
「真面目にお付き合いをさせていただいています。」
交際宣言をしたが・・・

脇の甘さはとんでもないことになる。
車の中で内村の腰に頭をうずめる写真が
週刊誌に掲載され、スキャンダル女に。

だが、交際は順調に進み、
同棲、結婚間近とも噂されたが、
破局。幸せは遠のいた。

内田

その後の内村光良は、同じテレ朝の徳永有美アナと
不倫の末に略奪結婚に至った。

芸能人の恋愛、
結婚は、なかなか思い通りにいかないものだね。


タレントのスキャンダルはつきものか?

この二人が
話題になっているのは
12歳の年の差婚についてだ。

熱愛が発覚したのは、
長野がドラフト1位で指名されたばかりの
2009年12月、女性週刊誌の報道であった。

2長野

問題の出来事は
地下駐車場に停めた車の中で、
何度も熱いキスを交わす写真が女性誌に
掲載されたのだ。
またしても週刊誌の餌食になってしまった。

このスキャンダルが引き金になり
メイン司会をつとめていた
朝の情報番組『やじうまプラス』を
降板する羽目になる。

sponsored link

その後、左遷を言い渡され、上層部と
衝突するなど局内での立場が悪化していった。

まさに、内村との同じような失敗をまたしても
犯してしまった。

長野2

一方、長野にもバッシングが続いた。
巨人の夜の帝王と呼ばれるぐらい
夜遊びが好きなため、
『プロ入りしても“看板倒れ”で終わり』などと
言われていた。

下村には、同情が多く、
年齢が一回り年上なだけに、
『遊びならヒドすぎる』という声も続出していた。

何度も下平アナとの破局情報が流れ、
グラドルとの“二股疑惑”も浮上していたことが
報道されていた。

幾度か、破局説も流れたが、
静かに愛を育んでいたようだ。


そんな長野の突然の不幸がやって来た?

2010年 打率.288、19本塁打をマークし
新人賞を獲得。
以来、打率、3割を誇り、
ベストナインとゴールデングラブ賞を受賞している。

2014年6月に月間打率.357を記録していたが
突然、不調に陥り、スタメン落ち、
しかも、代打を送られる屈辱も経験した。

シーズン終了後の11月には
右膝半月板の修復手術と
右肘のクリーニング手術を受け再起を願った。

明けて、2015年キャンプは
手術の影響で二軍スタートとなった。

どん底に墜ちた長野。
デビュー5年目に待受けていた悲劇。
後がない。再起をかけて焦る長野。
そんな傷心の彼を心から支えたのが
下平さやかだったに違いない。


奇跡が起こった。

オープン戦終盤にみごと
一軍に復帰したのだ。

長野3

思うに、さすがの長野も
今回は心を入れ替えたようだ。

日ハムとロッテからドラフト指名を
巨人一本と逆宣言して巨人入りした長野。

才能に恵まれ、大物ルーキーともてはやされた
男を襲った悲劇。

そんなどん底を二人で
乗り切ったのではないかと
想像している。


まとめ

12歳の年の差婚を克服した
長野の本心は何か?

下2

魔性の女子アナと噂された
下平さやかの本性は何か?

彼女は、きっと情が深すぎるために
相手に尽くし過ぎるために
引かれてしまうタイプなのかもしれない。

そんな愛しかたを
相手に重いと感じてしまう。

相手に思いが届かない。
それゆえに裏切られてしまう
悲しい人だったに違いないと思う。

長野、下平、この二人。
案外、似たもの同士だったかもね。

最近、スザンヌと別れ上田桃子と
不倫をし、
「クズ」「最低」と言われた
斉藤和巳。

そんな彼とは裏腹に
12歳上の女性と結婚することを
決意した30歳の長野選手には
祝福する声が舞ったようだ。

再起を誓った二人には未来がある。
今度こそは、幸せになれるように
祈っている一人だ。