べ

来るべき時が来たというべきか?
ゲスの極み乙女の川谷絵音(27)との
不倫を報じられ、タレントのベッキー(31)が
出演しているCMで放映打ち切りを
表明する企業が現れた。

sponsored link


CM打ち切りは続くのか?

ベッキーが現在出演しているCMは10社。
そのうち1社はデイリースポーツの取材で
CMを打ち切り、他商品に差し替えることが
決定したという。

追い打ちをかけるように
「ローソン」も
「今回の騒動を受け、検討中です」
として放映打ち切りを示唆している。

また、イメージキャラクターとして
起用している
「損保ジャパン日本興亜ひまわり生命保険」では
イメージキャラクターの変更が検討されているようだ。

ベッキーは川谷とのスクープを
6日夜の会見では、不倫関係を否定した。

「友人関係であることは間違いありません」

しかし、報道陣の質問には応じなかった
その態度に一抹の不安を感じていた。

ファンからも
「スポンサーへの釈明会見みたい」と
疑問の声が挙がっていたほどだ。

かつて、09年に覚せい剤取締法違反で
逮捕された酒井法子(44)は、
億単位の違約金を請求されたとも報じられていた。


報道の凄さに敏感に反応?

こうした騒動に敏感に反応したのも芸人たちがいた。
有吉弘行や漫画家の小林よしのり氏。

きゃりーぱみゅぱみゅなど、
芸能人や著名人からもSNSなどで
擁護するような
身を案ずるコメントが相次いでいる。

「あのベッキーが」という
衝撃がとてつもなく大きかった。

ベッキーは、どうしてこうも
自分を人気芸能人との自覚もなく
行動してしまったのだろう?


Twitterのつぶやき?

それには、自身のTwitterのつぶやきが
純真さを物語っている。

そのツイート文面がこうだ。


sponsored link

ゲスの極み乙女さんの
新譜を聴く時のあのドキドキ感はなんていうんだろう。
もう、恋のドキドキと同じなんですよね。
胸がきゅーんって。
そのあとにすきすきすきぃー!って。
今年、ライブを拝見するのが目標です。
はぁ、幸せなためいき。

 

ただ、この文面からはすでに「ゲス乙女」の
熱狂的なファンであることが十分に伝わってくる。

「ゲスの極み乙女。」は昨年秋に
アリーナ規模のツアーを成功させ、
紅白にも出場し、人気絶頂だっただけに
怖いもの知らずになっていた。

人間の感情をコントロールする楽曲、
感情を振るい揺さぶる言葉。
ライブにはそんな魔物がいる。

こうしてだんだんに好きになっていく。
その感情が抑えきれなくなってしまったのか。

人気もんのベッキーに
好きと告白されたら
僕も・・・・
そうなったらもう恋に落ちるしかない運命だ。


けじめだけはつけていれば?

なぜ、誰かに相談できなかったのか?
許される許されないは別としてだ。

かつて、EXILEのMAKIDAIや
オードリーの若林正恭、
ウーマンラッシュアワーの村本大輔。

噂も単に噂だったのかもしれないと
思われても仕方ないように思えてならない。

もしかしたら、
本当に清純な恋だったかもしれない。

恋愛経験を装い、
無理に背伸びしていたとすれば、
本当に好きな人ができて
押さえきれない感情に任せて
本当に宙にも舞う勢いで夢見る乙女に
なっていたとしても不思議ではない。

燃え上がる恋とはそういうものだ。
そして、だれも止めることはできない。

まるで女子高生のようなノリ。
無防備な写真撮影やLINE記録。


年齢相応の大人の恋とは言い難い?

もしや、それを察して
結婚の事実を隠し、
近づいた川谷のゲスは許せない。

川谷にホレたのは不運というか。
ここは、もう一度、カッコ悪いが
本心でファンに向かって
釈明会見をもう一度行うことが
急務である。
自分をもっと大切にしてもらいたい。
窮地に追い込まれてしまう前に!

あまりのも代償が多きすぎるからだ。

関連記事はこちら

 ゲス極み川谷との不倫にベッキー危うし?究極の逃げ道はあるのか?