三久タレント有吉弘行(42)とフリーアナの夏目三久(32)の
熱愛報道がスポーツ紙、週刊誌、ネットで加熱していますね。
当の二人はだんまりを決め込んでいたが、
どういうわけか、各テレビ局はこの話題を
一切報じず、何事もなかったような態度だ。
言論の自由の危機は
芸能界にまでも蔓延してしまったのだろうか?
やっぱり、真相は闇の中なのか。

sponsored link


真剣交際か、妊娠説か?

なにかあると思っていたら案の定、
「週刊文春」と「週刊新潮」が足並みを揃えて

「交際は事実であるにもかかわらず、
夏目が所属する田辺エージェンシーの
田邊昭知社長にひねり潰された」

と報じたのである。

新聞

記事によると、
文春は、有吉の所属事務所が
当初「出ちゃったらしょうがない」と
う態度だったようだが、
田辺エージェンシーから猛抗議が入り、
急きょ、「事実無根」に態度を
変えたと内情まで暴露した。

発端は、日刊スポーツが先月24日、
「夏目三久妊娠 有吉の子供 結婚は未定」と
報じたことが騒動の始まり。

1面スクープ扱いの報道にもかかわらず、
夏目、有吉の所属事務所ともに
同日の夜まで沈黙するばかり。

sponsored link

そして、深夜の答えが事実無根とする否定のコメント。

今度は、夏目がスポニチのインタビューで
「記事に書かれているような事実は本当にありません」と
完全否定。


何か臭い?

真相はこうだ。
業界で大きな力を持つ田邊社長が記事に激怒し
テレビ各局へ一切触れないよう
田邊社長から“指令”が出たからだ。

夏目がスポニチで全面否定したのも、
田邊社長の意向と言われている。

だが、いくら夏目が自身の口で否定しようと、
その言葉を額面通りに受け取る業界人は
いない。

「妊娠については当人同士しか分からないから
何とも言えないが2人が男女の仲で
あったことは間違いない。
将来的に結婚するという話もある」
と芸能プロ関係者は語る。


有吉を干せ?

芸能界のドンといわれる
田邊社長が『干せ!』と言いだしたら
局としては無視するわけにはいかないのか?

しかし、有吉は、テレビ、ラジオなど10本以上の
レギュラー番組を抱える超売れっ子芸人。
テレビ離れの激しい今の民放各局は
視聴率をとれる有吉なしでの番組編成は難しい。

今は何とか、
田邊社長の怒りが収まってくれることを
祈るばかりなのか。

一方、三久ファンの怒りも収まらない。
男性ファンの悲壮感あふれる書き込みが殺到した。

「相手が有吉というのがまたシャクにさわる」
「きょうは会社休みます」
「働く力が湧かない」

“三久ロス”にサラリーマンの怒りも
爆発したようだ。

もっとファンを大事にしてくださいね。といいたい。
こうしたスキャンダルの隠ぺいは
SMAP解散騒動にも似た大手芸能プロダクションの
横暴といわれてもしかたない。

自由の利かないタレントたちは
翼のないかわいそうな小鳥たちだ。

次回は、夏目は田邉社長の愛人だったの?
と噂せれる真相に迫ってみたいと思います。

関連記事はこちら
ドン底の夏目三久を救ったのはドン田邉だった?だから有吉弘行を干せ?